Update


Recent Papers

Chemical Transformation of an Intermediate in the Synthesis of Huperzine A, Leading to a Diverse Array of Molecules
Satoshi Yokoshima, Masatsugu Ishikawa, Youko Beniyama, Tohru Fukuyama
Chem. Phaem. Bull, 64, 1528 (2016)

Total Synthesis of Lycopalhine A
Yuji Ochi, Satoshi Yokoshima, Tohru Fukuyama
Synthesis, 48, A (2016)

Unified Total Synthesis of Five Gelsedine-Type Alkaloids: (−)-Gelsenicine, (−)-Gelsedine, (−)-Gelsedilam, (−)-14-Hydroxygelsenicine, and (−)-14,15-Dihydroxygelsenicine
Takaaki Harada, Jun Shimokawa, Tohru Fukuyama
Org. Lett., 18, 4622 (2016)

Antiproliferative Activity of Amathaspiramide Alkaloids and Analogs
Jun Shimokawa, Koji Chiyoda, Hirotatsu Umihara, Tohru Fukuyama
Chem. Pharm. Bull., Advance Publication

Conversion of Vindoline into 11-Mesyloxytabersonine
Yuki Han-ya, Tomohiko Inui, Satoshi Yokoshima, Hidetoshi Tokuyama, Tohru Fukuyama
Chem. Pharm. Bull., 64, 800 (2016)

Total Synthesis of (−)-Cardiopetaline
Yoshitake Nishiyama, Satoshi Yokoshima, and Tohru Fukuyama
Org. Lett., 18, 2359 (2016)

Development of a Divergent Synthetic Route to the Erythrina Alkaloids: Asymmetric Syntheses of 8-Oxo-erythrinine, Crystamidine, 8-Oxo-erythraline, and Erythraline
Hirotatsu Umihara, Tomomi Yoshino, Jun Shimokawa, Masato Kitamura and Tohru Fukuyama
Angew. Chem. Int. Ed, 55, 6915 (2016)


Total Synthesis of (−)-Daphenylline
Ryosuke Yamada, Yohei Adachi, Satoshi Yokoshima and Tohru Fukuyama
Angew. Chem. Int. Ed, 55, Early View (2016)

Total Synthesis of Lycopalhine A
Yuji Ochi, Satoshi Yokoshima and Tohru Fukuyama
Org. Lett., 18, 1494 (2016)

Topics.

  • 第62回薬学会東海支部 総会·大会(名古屋)において、修士2年・村上慶伍が学生優秀発表賞を受賞しました。(2016.11.17)
  • 第47回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会(豊橋)において、博士3年・前原知明がVIP賞を受賞しました。(2016.11.17)
  • 第110回有機合成シンポジウム (早稲田)において、博士2年・野村俊宗が優秀ポスター賞を受賞しました。(2016.11.17)
  • 日本病院薬剤師東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016(岐阜)において、修士2年・清水貴久がベストプレゼン賞を受賞しました。(2016.11.17)
  • 第58回天然有機化合物討論会において、博士3年・前原知明が奨励賞を受賞しました。(2016.11.4)
  • 農学部主催のボーリング大会において、修士2年・清水貴央が個人スコア部門で優勝し,二連覇しました。(2016.8.1)
  • 農学部主催のボーリング大会において、修士1年・清水貴央が個人スコア部門で優勝しました。獲得スコア:「178(2ゲーム平均)」(2015.7.24)
  • 第61回日本薬学会東海支部大会(名古屋)で修士課程2年・服部治彦が学生優秀発表賞を受賞しました。演題:「新規多置換キノリンN-オキシド合成法の開発およびAurachinアルカロイド合成への応用」(2015.7.4)
  • 横島准教授の寄稿「天然物の合成研究―レピスチンの全合成を例に―」が、現代化学6月号(東京化学同人)に掲載されました。(2015.5.22)
  • 当研究室におけるSupporting Information中のNMRスペクトルの訂正について、Chemical & Engineering Newsより取材があり、その記事が掲載されました。(2014.4.17)