本文へスキップ

名古屋大学大学院創薬科学研究科 創薬有機化学講座

 TEL. 052-747-6800

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

学会発表presentation/ 講演・特別講義lecture

講演・特別講義

山本芳彦

  • 依頼講演・第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会・静岡(オンライン)
    「C-H活性化を鍵とする縮環キノロンの新規合成法」
    2021年10月31日
  • 招待講演・化学反応経路探索のニューフロンティア2019・名古屋大学
    「DFT計算に導かれたルテニウム触媒反応開発」
    2019年9月16日
  • 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)構造展開領域 合成勉強会
    「電子欠損性アルキンのヒドロ官能基化を利用する複素環構築法」
    2019年3月2日
  • 第15回フッ素相模セミナー・相模中央化学研究所 
    「含フッ素化合物の効率的合成を可能とするビルディングブロックの開発」
    2018年6月7−8日
  • 大学院特別講義・静岡県立大学薬学部
    「ルテニウム触媒を用いる多環骨格の一気構築」
    2017年10月7日
  • 創薬生命科学特別講義I・名古屋市立大学薬学部
    「遷移金属触媒を駆使するユビキタス分子高度変換反応の開発と応用」
    2014年4月9日
  • 特別講義・埼玉大学理学部
    「有機金属触媒の開発と有機合成への応用 ルテナサイクル錯体を鍵中間体とする新反応開発」
    2014年3月7日
  • 近畿化学協会金属化学部会平成24年度第4回例会・大阪
    アルキンをカルベン源とする触媒反応
    2013年1月30日
  • 第47回天然物化学談話会・熊本
    環状共役ビスカルベノイドの化学 ルテナサイクル錯体を鍵中間体とする新反応開発
    2012年7月4日

澁谷正俊

  • 有機触媒特別講義・東京農工大学 (オンライン) 
    「有機ニトロキシルラジカルの特性を生かした触媒的酸化反応の開発」
    2022年9月8日
  • 第19回化学系若手研究者セミナー・オンライン 
    「アルキンの化学選択的求電子活性化に基づく反応開発」
    2021年9月4日
  • 平成30年度前期(春季)有機合成化学講習会・日本薬学会長井記念ホール 
    「アルコールを効率的かつ選択的に酸化するために」
    2018年6月13−14日
  • 模擬講義・多治見北高等学校 
    201711月14日
  • 講演・大連理工大学 
    「Trasition-Metal-Free Catalytic Systems for Electrophilic Functionalization of C-C Multiple Bonds」
    2017年6月6−10日
  • 有機合成化学奨励賞受賞講演・第33回有機合成化学セミナー・ニセコ 
    「有機ニトロキシラジカルの酸化還元特性を利用した効率的酸化システムの開発」
    2016年9月6-8日
  • 講演・東京大学大学院薬学研究科内山研究室セミナー 
    「アルコール酸化反応から環化異性化反応の開発へ」
    2016年1月25日
  • 講演・キッセイ薬品工業株式会社 
    「アルコール酸化反応におけるニトロキシラジカル触媒の可能性」
    2015年1月9日
  • 第150回薬学談話会 名古屋市立大学 
    「理想的なアルコール酸化反応の開発を目指して」
    2014年12月19日
  • 講演・和光純薬工業株式会社 
    「オキソアンモニウム塩を触媒活性種とする酸化反応の可能性」
    2014年9月3日
  • 依頼講演・有機分子触媒による未来型分子変換 第1回若手セミナー・那須 
    「高機能型高活性有機ニトロキシルラジカル型酸化触媒の開発」
    2014年9月3日

安井 猛

  • 第68回日本薬学会東海支部学術奨励賞 受賞講演 愛知学院大学  
    「遷移金属触媒を駆使する1,6-ジイン誘導体から多彩な環構造へのアプローチ」
    2022年7月9日
  • 模擬講義 愛知県立豊田西高等学校 
    2020年11月5日



バナースペース

分子設計化学

〒464-8601
名古屋市千種区不老町

TEL 052-747-6800, 6801
FAX 052-747-6800, 6801