本文へスキップ

Cellular Biochemistry Laboratory, Graduate school of Pharmaceutical Sciences, Nagoya University

名古屋大学大学院 創薬科学研究科 細胞生化学研究室

創薬生物科学講座 細胞生化学分野 人見研究室 のHPへようこそ

現在 細胞生化学分野では入学の修士(博士前期)・博士(後期)の学生を募集中です。

「研究室紹介」のページに研究室の写真を掲載しました。
見学が難しい方はぜひご覧頂き、研究室の様子を感じて下さい。


創薬科学とは?

  • 「創薬科学」とは、薬学や医学、化学および生物工学などの研究開発領域ににおいて、薬剤の発見や
    設計等のプロセスを経て、新たな医薬品が製品となるまでの一連の過程を研究する分野です。

     細胞生化学分野では主に動物細胞における、酵素、抗体、分化増殖因子などの生理作用を有する
    タンパク質の性状と機能調節のメカニズムを 生化学・遺伝子工学的・細胞生物学手法により解析し、
    得られた知見や技術を基に、創薬科学に寄与する新規な有用機能分子の作用機構を研究・教育します。

NEWS & TOPICS新着情報

2021年3月25日
卒業式(修了式)でした。コロナ禍での授与式を無事終えました。
おめでとうございます!
2021年3月18-21日
日本農芸化学会大会がオンラインで開催されました(東北大学にて開催予定でしたがオンラインで実施されました)。
D1篠田君、M2竹内君、M2伊藤さん、B4川口君が発表しました。
2020年12月2-4日
第43回日本分子生物学会年会がオンラインで開催されました。
D1の手島君、M2の栗林さんとMengさんがポスター発表をしました。
2020年11月9日
第128回創薬科学セミナー(GTRセミナー)として、東京農業大学応用生物科学部の岩槻健 教授に「オルガノイド培養法を用いた内胚葉由来臓器の機能解析」としてご講演をいただきました(オンライン開催)。
2020年9月28日
農学部G30学部生のYee Chin Munさん(マレーシアからの留学生)の卒業式でした。おめでとうございます。今後のご健康とご活躍を祈ります。
2020年9月28日
第125回創薬科学セミナー(GTRセミナー)として、京都大学生命科学研究科の神戸大朋准教授に「亜鉛の機能とその代謝制御機構」としてご講演をいただきました。初めてのオンライン開催でしたが50名以上の多くの参加を頂きました。
2020年9月26日
第187回日本農芸化学会中部支部例会がオンラインで行われました(人見教授は支部長として、例会を主宰しました)。D1の篠田君、M2の小栗さんが口頭発表を行いました。
2020年9月17日
技術補佐員の渡邉優子さんが、博士学位(創薬科学)を取得されました。学位論文題目は「タンパク質架橋化酵素transglutaminaseのメダカにおけるオルソログとその遺伝子変異体の解析」です。おめでとうございます。
2020年9月14-16日
第93回日本生化学会大会がオンラインで行われました。人見教授は九州大学の川畑俊一郎教授とともに、シンポジウム「タンパク質架橋化反応から展開する医療と創薬へ向けた基礎研究」を行いました。この中で辰川助教が招待演者として発表しました。 D1の篠田君、M2の竹内君がポスター発表および選出された口頭発表を行いました。竹内君は若手優秀賞を受賞しました。おめでとうございます。
2020年4月10-11日
2020年4月 M2の篠田君、辰川助教が第57回日本臨床分子医学会学術集会で発表予定でした。コロナウイルスのため学会は中止となりましたが、講演要旨の発表をもって発表となりました。
一覧を見る


バナースペース








人見 研究室

名古屋大学大学院
創薬科学研究科 創薬生物科学講座
細胞生化学分野

名古屋大学
農学部 応用生命科学科

E-mail:
hitomi(at)ps.nagoya-u.ac.jp